ナガオカ ミヤコ    NAGAOKA Miyako
   永岡 都
   所属
人間社会学部 初等教育学科
 
生活機構研究科 人間教育学専攻
 
生活機構研究科 生活機構学専攻
 
現代教育研究所 所属教員
   職種
教授
発表年月日 1991/12
発表テーマ 「1991 モーツァルト・終焉と新たなはじまり」
会議名 東急文化村倶楽部「モーツァルト講演会」第10回
会議区分 その他
講演区分 講師
単独共同区分 単独
概要 モーツァルトの室内楽を中心に、18世紀の重要な音楽ジャンルの1つ「機会音楽」について解説した。当時は、創作のための創作、自発的な創作の方が例外的であったこと、作品の多くが機会音楽であったことを指摘して、モーツァルトの音楽を当時の社会や文化の状況のコンテクストの中で捉えることの必要性を主張した。