(最終更新日:2018-11-26 17:24:26)
   オオバ ミワコ    OHBA Miwako
   大場 美和子
   所属
人間文化学部 日本語日本文学科
 
文学研究科 言語教育・コミュニケーション専攻 博士前期課程
   職種
准教授
 主担当科目
日本語教育学Ⅰ(会話データの分析)、日本語教育学Ⅰ(社会言語学)
 専門分野
日本語教育 
 最終学位
博士(学術)
 学歴
1. 1992/04~1996/03 筑波大学 第二学群 日本語・日本文化学類 卒業 学士(文学)
2. 1997/04~1999/03 筑波大学大学院 地域研究研究科 地域研究専攻日本研究コース 修士課程修了 修士(地域研究)
3. 2004/04~2007/03 千葉大学大学院 社会文化科学研究科 日本研究専攻 博士課程単位取得満期退学
4. 2011/03/25
(学位取得)
千葉大学大学院 博士(学術)
 職歴
1. 2000/04~2003/03 筑波大学 留学生センター 謝金講師
2. 2000/10~2001/03 城西国際大学 人文学部国際交流学科 非常勤講師
3. 2001/04~2003/03 群馬大学 学生部(留学生センター) 非常勤講師
4. 2003/04~2004/03 筑波大学 留学生センター 非常勤講師
5. 2004/08~2004/09 神田外語大学 留学生別科 非常勤講師
6. 2005/03~2005/04 神田外語大学 留学生別科 非常勤講師
7. 2007/04~2011/03 広島女学院大学 文学部 日本語日本文学科 専任講師
8. 2011/04~2014/03 広島女学院大学 文学部 日本語日本文学科 助教授・准教授
9. 2014/04~ 昭和女子大学 人間文化学部 日本語日本文学科 准教授
10. 2016/04~ 昭和女子大学大学院 文学研究科 言語教育・コミュニケーション専攻 博士前期課程 准教授
 著書・論文歴
1. 2018/08 論文  『文献・インタビュー調査から学ぶ会話データ分析の広がりと軌跡-研究から実践まで』の教材としての特徴-開発プロセスと作成の意義-」 (共著) 2018/08 Link
2. 2018/03 その他 会話データ分析の「研究と実践の連携」の可能性を探る-その変遷と教育者・研究者による具体的試みを基に- (共著) 2018/03
3. 2017/09 著書  文献・インタビュー調査から学ぶ会話データ分析の広がりと軌跡-研究から実践まで- (共著) 2017/09 Link
4. 2017/03 論文  介護福祉士国家試験の筆記試験における文法・語彙項目の分析―日本語能力試験の観点から― (単著) 2017/03
5. 2017/03 論文  国際交流基金『世界の日本語教育』における会話データ分析論文の年代別動向の調査 (共著) 2017/03 Link
6. 2016/03 論文  学会誌『社会言語科学』掲載の会話データ分析論文の年代別動向の調査 (共著) 2016/03 Link
7. 2014/12 論文  会話データ分析を行う研究論文の年代別動向の調査―学会誌『日本語教育』の分析から― (共著) 2014/12 Link
8. 2014/12 論文  国立国語研究所『日本語教育論集』における会話データ分析論文の年代別動向の調査 (共著) 2014/12 Link
9. 2014/12 論文  実践研究の「方法」を共有する―『日本語教育』における実践研究の歴史的変遷と3つの教育分野の事例報告から― (共著) 2014/12 Link
10. 2014/03 論文  英語による被爆証言の聞き手の追跡調査-米国人学生の話内容と話し方の特徴の分析- (単著) 2014/03 Link
全件表示(36件)
 学会発表
1. 2018/11/25 初対面会話における話題開始と情報交換の方法の変化の分析-二者・三者会話の基軸参加者に着目して-(2018年度日本語教育学会秋季大会) Link
2. 2018/09/22 会話データ分析の教育者・研究者による語りから広げる研究と実践の視野-グループ・ディスカッションを通して-(社会言語科学会第42回大会) Link
3. 2018/04/28 『文献・インタビュー調査から学ぶ会話データ分析の広がりと軌跡-研究から実践まで』の教材的な特徴-開発プロセスと作成の意義-(韓國日語教育學會2018年度第33回國際學術大會)
4. 2018/04/28 会話データ分析の文献調査のプロセス-基礎調査から教材開発まで-(韓國日語教育學會2018年度第33回國際學術大會)
5. 2018/03/10 会話データ分析の初学者による話題区分の特徴の分析 -分析手法の指導に向けて-(社会言語科学会第41回大会) Link
6. 2017/11/25 日米豪韓における「会話データ分析」の研究成果と教育現場への活かし方を探る-文献調査とインタビュー調査をもとに-(2017年度日本語教育学会秋季大会)
7. 2017/09/17 会話データ分析の「研究と実践の連携」の可能性を探る-その変遷と教育者・研究者による具体的試みを基に-(社会言語科学会第40回大会) Link
8. 2017/07/01 介護施設のアルバイト場面で使用された文法・語彙項目の特徴の分析(第26回小出記念日本語教育研究会)
9. 2017/03/09 外国人研修生の職場で語られた問題とその変化を探る:養鶏場における日本人雇用者のインタビュー・ナラティブの分析(『ナラティブ(語り)研究の社会貢献を考える』ラウンドテーブル)
10. 2016/10/09 介護施設のアルバイト場面における作業内容とやりとりの分析―中国人介護留学生を対象に―(2016年度日本語教育学会秋季大会)
全件表示(55件)
 社会における活動
1. 2006/11 平成18年度埼玉県外国語指導助手中間期研修会講演"Analyzing Japanese Conversations in Native/Native and Native/Non-Native Situations: In order to Teach Utterances to Show Involvement in Conversation"
2. 2008/11 2008年度開発教育セミナー講師(共同)「第3回 地域の多文化共生−普通のまちの普通の多文化共生−」
3. 2014/11 三茶お仕事カフェ公開講座「地域の外国人とのコミュニケーションのために」「第2回 外国人に伝わる日本語とは」
4. 2016/04 第3回昭和女子大学日文公開講座「外国人に日本語を教えるには?」「2.日本語って本当にていねい?」
5. 2016/05 三茶お仕事カフェ公開講座「地域の外国人とのコミュニケーションのために」「第2回 外国人に伝わる日本語とは」
 所属学会
1. 2000/04~ 小出記念日本語教育研究会 Link
2. 2014/04~2018/03 ∟ 編集委員
3. 2000/04~ 日本語教育学会 Link
4. 2013/05~ ∟ 査読協力者
5. 2015/05~2016/10 ∟ 司会査読委員
6. 2016/07~ ∟ 審査・運営協力員
7. 2000/04~ 日本語教育方法研究会 Link
8. 2001/09~ 社会言語科学会 Link
9. 2014/04~2018/03 ∟ 研究大会委員
10. 2013/08~ 大学日本語教員養成課程研究協議会 Link
全件表示(12件)
 資格・免許
1. 2000/03/16 日本語教育能力検定試験合格
 研究課題・受託研究・科研費
1. 2005/10~2006/03  談話レベルにおける評価的発話の分析-積極的な会話参加のための指導を目指して- その他の補助金・助成金 
2. 2009/04~2011/03  テレビニュースと取材の談話の構造の比較分析 その他の補助金・助成金 
3. 2011/04~2012/03  接触場面における三者会話の研究 その他の補助金・助成金 
4. 2011/04~2013/03  被爆者の英語による証言の理解と伝達の追跡調査-情報の解釈と変化の分析- 若手研究(B)  Link
5. 2011/10~2014/09  多様な様式を網羅した会話コーパスの共有化 国内共同研究  Link
6. 2013/04~2016/03  会話データ分析の活用法の研究-「研究と実践の連携」のための教員養成用の教材開発- 基盤研究(C)  Link
7. 2014/04~2018/03  中国人看護・介護従事者の研修から就労現場で必要となる日本語と異文化対応能力の分析 挑戦的萌芽研究  Link
8. 2016/04~  会話データ分析の手法を用いたインターアクション能力育成のための教材開発 基盤研究(C)  Link
9. 2018/04~  教材開発を目指した高齢者介護施設における新人介護人材育成のプロセスの実態調査 基盤研究(C)  Link
10. 2018/06~  ユニバーサルデザイン対応型作業マニュアルの作成と活用:外国人技能実習生と職場共生 挑戦的研究(萌芽)  Link